「世阿弥3つの視点」を参考にパワーポイントでビジネス戦略を考える【フリーランス・多動の方へ】

【オピニオン】

「ドローンを飛ばす不動産屋」こと手島不動産代表、手島順也です。

先日とある記事に心を打たれました。

1つ目が「我見(がけん)」。役者自身の視点です。2つ目が「離見(りけん)」で、観客が見所(客席)から舞台を見る視点を指します。3つ目が「離見の見(りけんのけん)」。これは役者が、観客の立場になって自分を見ること。客観的に俯瞰して全体を見る力です。

世阿弥は上記のように「離見の見(りけんのけん)」という言葉で、客観的に俯瞰して全体を見ることの大切さを説いています。

私は今、不動産業とドローン事業を両立させたいと活動しています。

ブログや動画でも情報発信したいし、協力隊時代の町おこしにも興味があるし、フリーランスになっているので税金関係の勉強もしないといけない、新しい資格も取ろうかな・・・

やりたいこと、やらないといけないことは尽きません。

絞らないと拡散してしまうことは周知の事実なのですが、投資の世界では分散投資というリスクを分散させる方法もありますし、何よりこの時代、何が正解かわからないので新しいチャレンジをしていくことが人生設計においても、仕事の幅においても重要です。

ということで、世阿弥が言う「俯瞰して物事を捉える」を参考にしつつ、課題を解決するための方法をや考え方をパワーポイントでまとめました。

・フリーランスで色々やらないといけない人

・経営者

・マルチポテンシャライト

・普通の大人(仕事は一つかもしれないが、習い事、家族、遊びなど普通の人でも多くのマルチタスクをまわす)

に参考になれば幸いです。

課題を整理

課題の整理からがスタートです。まずは箇条書きに課題を出してみる。一つの課題自体の解決方法は基本的に簡単です。全体の流れの中にその解決策がうまくあてはまるかが重要でしょう。

例えば、仕事で成果をあげたいという課題があったとして、作業時間を増やすというのはシンプルな解決方法ですが、人生の視点にたった時の優先順位で「家族との時間を増やす」という項目があったらならば、全体的な戦術で「作業時間を増やす」は入れても破綻しますよね。

ということで、私の課題を書きます。

  • 優先順位が明確でない(不動産、ドローン、その他)
  • ドローンを飛ばす不動産屋、がしっくりきてない
  • 勝ちパターン、稼ぐパターンができてない
  • 取り組む仕事の切り替えができないことがある

といったところです。基本的な共通点としては、マルチタスクになっていて混乱している、というところが課題ですね。

では、次に課題解決方法と全体の仕組みを作ります。

「人生戦略室」・「将軍と部隊」・「配球」

タイトルから謎の言葉が踊っていますが、これが私がとった仕組みと戦略です。この辺りはなんとなくこんな形になるんではないか?というのが頭にあるので、パワーポイントで作りながら整理していきます。

それでできたのがこちら。

自分がわかればいいので意味不明な言葉が並んでいると思っていますが、考えとしっくりくるインパクトのある言葉を選んでいます。その中でも大枠を解説。

人生戦略室

幸福度を上げる?というのを行動の原則にしています。金を稼ぐ、有名になる、とかが目標ではないということですね。細かく何が幸福か?を考えすぎると変化しなくなるので、基本的には「一日一食、筋トレ、瞑想、家族第一」あたりができる生活をモットーにしています。

好きなことをやっているので家族が疎かになりがちなので(やりたいし、稼がないとという状態になりやすく無茶しがち)「家族第一」が入っています。

人生全体を考えて、力を入れる事業の「不動産」と「ドローン」の時間の割合を出します。

将軍と実行部隊

不動産とドローンはもちろんですが別で考えないといけません。今まではちょっとごっちゃになってた。これが混乱のもとで、基盤もグラグラなのに重ねて難しい仕組みを作ろうとするからできないし、不安にもなっていたのかと思います。

当たりまえですが、まずはまったく別で考える。

それから将軍脳になり、不動産業の戦略を俯瞰して考える。ここは徹底的に「悲観的に論理を詰め戦略を練る」必要があります。フリーランスだと考えるのも行動するのも自分なのでそこに「俺今日頑張った」という感情を入れがちになります。

それではタスク処理にも戦略にも「なれあい」を生んでしまうので、こう分けて考える意識を持つのがいいかと思います。

ですから、実行部隊は将軍が考えたことを疑わず徹底的に実行していく。感情は不要です。

その他

その他は不動産とドローン以外の複業、プロジェクト、実験です。このあたりはかなり「遊び」の領域なのでやる気もけっこうあります。

例えば、「スキル×スキル」。

ワークブックもできどんどん広めれるぞ!と楽しさピークです。が、こればっかやってもいけないのも事実。

その他は「不動産、ドローン」が終わった後のご褒美にやるということでモチベもアップします。そしてコンテンツ化することで(ブログ、SNS)、大きくは宣伝にもなるし、ライフスタイルの発信というとこにつながるかなと。

配球

配球。すなわち勝ちパターン。もっと言うと何で稼ぐか?、という自分のパターンを確立させることです。

不動産業では「空き家活用からの不動産売買

ドローン業では「動画制作からのドローン操縦

赤字が集客ポイントと黄色が稼ぎポイントかと。これも一度しっかり定めてから、検証していきます。現状ドローンでいうと、ドローンパイロットだけの需要が少ないので、動画制作全般に広げて集客を増やすようにしています。動画制作スキル自体は不動産にも転用できますので、一挙両得の方法かと。

まとめ

今回はいつも私がやっている思考整理の方法「世阿弥3つの視点」を参考にパワーポイントでビジネス戦略を考える【フリーランス・多動の方へ】を紹介しました。

このブログにまとめるという行為も思考整理に入っていますので、思考整理→アウトプットも意識してやってみてください。

それでは、読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました