【スキル×スキル】必殺技をつけるのは日本人くらい!?【イベント打ち合わせ】

【プロジェクト】

こんにちは。手島順也です。

地域おこし協力隊任期中に様々な複業にチャレンジ。その中で「スキル×スキル」というワークショップを元城島町協力隊の宗さんと開発しました。

そんな私がゲスト講師で入る「スキル×スキル体験会 in 北九州」が今週土曜日に近づいてきました。30人規模の大きなイベントになるので興味がある方はぜひお越しください。記事の一番下に詳細載せてます!

今回はそんなイベントの打ち合わせの様子と、スキル×スキルの肝である「必殺技の名前」についてまとめてみました!

目次

スタッフミーティングで当日シュミレーション

今回のイベントは「夢追塾」さんとコラボしたイベントになります。夢追塾とは「生涯現役としての活躍を目指す、志高く意欲溢れる50歳以上の方」が学んでいる講座です。

スキル×スキルイベントこの夢追塾のOB・OGさんがスタッフとして担っていただきます!ありがとうございます!

イベント自体も「定年後の働き方改革」とあるように、その世代を中心とした集まりになる予定です。

今までは、協力隊(仕事作り)、社会人(自己紹介ツール、企画作り)と発展してきたので、シニア世代は初めてで今までにないドキドキ感があります。

スタッフミーティング

ということで、本番のファシリテーターを担当する藤谷さんのもと、スタッフにデモンストレーションも兼ねてスキルカード作りをやってもらいました。

実際にカードを作ってもらうことで課題も出てきました。そのあたりは、当日のイベントに反映させて最適解を探っていきます。

講師打ち合わせ

ミーティングで作られたスキルカードです。私が一番驚いたのは、スキルカードで一番大事な「ださかっこいいネーミング」ですね。

・土を風にかえる

・ムリムリムリ

・ミクロの里山

・魔法使い登場

など素晴らしいカード名が出てます。私が思ういいネーミングの構成要素は「覚えやすい、イメージしやすい、インパクトがある、語呂がいい、中身を知りたくなる」あたりです。その構成要素が入ってます。

ダサかっこいい名前を付けるという行為を楽しめるか?が一つのポイントだったのでそこは安堵しました。当日も大丈夫だろうと。

そうなってくると、なぜ日本人は名前をつけるのを楽しむのだろう?という疑問が湧いてきます。テレビで「必殺技」についての番組があったのでそこから紐解いていきます。

一説では、日本には10万種類以上の必殺技があるそうです

世代、男女間を問わず「必殺技」が好きな日本人。それはなぜなのか?でまとめられたブログ記事。

ジャンプの必殺技やプロレスの必殺技がたくさん出ておもしろいので読んでみてください。

【日本人のおなまえっ!】必殺技のルーツは万葉集ってホント?

この記事を要約すると、日本には「言霊信仰」が脈々と息づいていて、昔から名前をつけたり言葉を大事にする国民性があったから必殺技が増えていった、ということです。

外国では必殺技がないのに、なぜ日本では10万種類ともいわれるほど必殺技があるのでしょうか。

こたえは意外なところにありました。新元号令和の出典である「万葉集」です。
 

「神代より大和の国は 言霊の幸はふ国と語り継ぎ」

大和の国(日本)は言霊が花開いてる そういう国だ との意。
言霊には、魂がやどり名前をつけると力がえられると考えられていました。
言霊信仰によれば、必殺技名を考えるのも叫ぶのも、力をえるための祈り。
日本ではどんな強い敵でも、自分の力で倒すことができる精神性を大事にしています。
言霊信仰によって、ヒーローの必殺技が生まれ、必殺技大国になりました。

【日本人のおなまえっ!】必殺技のルーツは万葉集ってホント?」より

話をスキル×スキルに戻すと、このゲームが広がっていく背景には、「ださかっこいいスキル名」を付ける行為が日本の国民性にあっている、と言えます。

手島
手島

ちょっと強引かな?まぁそれも今度のイベントでわかるでしょう!

7月27日(土曜)13:00~北九州(いきがい活動ステーション)

そんなイベントも今週ですよ!参加者に制限はないので参加して自分のスキルに名前つけちゃいましょう!以下詳細です。

定年後の“働き方改革”セミナー「スキル×スキルゲームで体感!経験を新たな価値に変えるコツ」

【日時】2019年7月27日土曜日 13:00〜16:00

【場所】いきがい活動ステーション 〒802-0006 北九州市小倉北区魚町3丁目3-20中屋ビル地下1階

【詳細】

仕事や趣味などの経験を、退職後も活かし続けていきたい人が対象の企画です。
★ただし、参加者の年齢は問いません

これまでの経験の棚卸しをして、それを活かしていくためのコツをカードゲーム形式で学べる「スキル×スキルゲーム」を通して、下記のような体験ができます。

1. 書き出し、話してみることで気づく「あなたならではのスキル」を確認し
2. 他の人の「スキル」と組み合わせることで
3. 一人では生み出せない「価値の作り方」を見つけ
4. 具体的な実現に向けた「小さな一歩」を明らかにします

「スキル」とは、名前がついている資格や専門的技術に限りません。
仕事、趣味、家庭での「経験」や、そこから生まれた今の「思い」が、自分らしく、社会に役立つ仕事や活動をおこしていくうえでの原動力になります。

◎ 退職後に向けて今の自分を見つめ直したい
◎ 日頃出会えない、いろいろな人と知り合いたい
◎ 経験の活かし方を考えてみたい

そんな皆さまのご参加をお待ちしています。

★スキル×スキルゲームとは
地域おこし協力隊のスキル活用とマッチング促進のため開発されたカードゲーム。

⬇︎ゲームの概要は下記よりご覧いただけます⬇︎
「めくり合わせ」ルール

【進行】いきがい活動ステーション 藤谷真利子

【ゲスト講師】スキル×スキルゲーム 開発者 手島順也 さん
手島不動産の代表。ドローンを飛ばす不動産屋として福岡県香春町で活動中。元・香春町地域おこし協力隊。ドローン撮影の技術を活かして、点検分野を中心に不動産×ドローンという新ジャンルを開拓している。


【参加費】無料

【定員】30人程度

【申し込み方法】Facebookイベントページの「参加ボタン」を押すか、お電話にてお申し込みください。
※開催日直前の「参加キャンセル」はメッセージやお電話でお知らせいただけると幸いです。ご協力よろしくお願いいたします。

【共催】いきがい活動ステーション・ 夢追塾

【問い合わせ】いきがい活動ステーション 093-967-3420 (月曜・祝日休館

それでは!

タイトルとURLをコピーしました