歩き遍路を成功させるために予行練習【装備とテーマ】

【ライフ】

春が香る町「香春町」からこんにちは!


不動産業とドローンで生計を立てているテシマ(@teshishima)です。

19年3月で今まで働いた「地域おこし協力隊」の任期は終わるのでリフレッシュを兼ねて四国へお遍路に行ってみようと思っています。前回はその計画を立てました。

計画を立てると自分の準備不足に不安になりました。なので練習で家から職場までの8kmを歩いてみました。

歩き遍路の装備

2泊3日の歩き遍路もおそらくこの装備になると思います。モンベルのノマドジャケットとノースフェイスのスクエアバック。基本的にはこのリュックに入る荷物の量で歩こうと思っています。

【お遍路情報/装備】

納経帳納経帳もコンパクトなものを後々のお遍路記念になるものですから、メモ帳のようなものはだめでしょうが、出来るだけコンパクトなものを選びましょう。写真やイラスト、ご詠歌などが入ってページ数が多いものより、シンプルなものがベターです。ただし、掛け軸や、白衣に御朱印をいただく方は、納経帳は要りません。

お遍路情報/装備より

このサイトを見てみるとかなりの量の持ち物が書かれていますが半分くらいは削れそうですね。格好も大事ですが、まずは準備のハードルを低くしてさっと飛び込める体制を作っておくことが必要かなと。写真には手持ちのカメラが入ってますが今回の練習でも使う機会がなかったので持っていくのはやめておきます。

奥の細道を書いた松尾芭蕉

塾講師時代に好きだった音読で奥の細道があります。

奥の細道

 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらへて老を迎ふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片の風にさそはれて漂泊の思やまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘蛛の古巣を払ひてやゝ年も暮、春立てる霞の空に、白川の関越えんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて取る物手につかず、股引の破れをつづり笠の緒つけかへて、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかゝりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
  草(くさ)の戸(と)も住(す)みかはる代(よ)ぞ雛(ひな)の家(いへ)

この歌を何百回も音読してたら覚えまして、旅人の哀愁というか孤独というかが滲み出てくる文章なんです。このイメージは若き青年が海外旅行に行くのではなく(もちろんそんな歌じゃないから)、年老いた老人が一念発起して日本の旅に行く、まさにお遍路のようなイメージがあります。

今回歩きながらもなぜかこの歌が頭の中に何度も流れました。ということで、せっかくなら練習とはいえ何かテーマを持って歩きたいなと思い、この奥の細道の一部分「道祖神のまねきにあひて」を意識しながら写真を撮りました。道祖神とは道中にあるお地蔵さんや祠や神社のことを含めています。

ベルトループも仏サマ!
顔ほどある手よ!
後ろのコメリノボリと一緒のカラー!

こういった神々に道すがらお願いをしていきます。

・無事に子供が生まれますように・・・

・家族仲良く暮らせますように・・・

・事業がうまくいきますように・・・

願うはタダだし、意識がアンテナを立てるのでこの祈るという習慣は大事にしていきたいですね。

豊かな自然と食を味わう

「豊かな自然と食を味わう」ことも楽しみの一つですよね。一番気持ちいい季節がこの時期なので自然の景観を楽しみつつ歩こうと思います。香川県ではうどんが有名ですが、目的の徳島では何が有名なのか。歩いて疲れた体はなんでもうまいでしょうね。

今回の練習でも自然を感じつつ、香春町のドライブインにてソバを食べました。

土筆大好き

何てことない自然なのにこうやって写真に一連で撮っていくといいもんですね。さきほどのお地蔵様シリーズもそうだけど、自然シリーズとか食べ物シリーズで旅をまとめると面白そう。

うどんもうまかった。

おすすめシーズンは春&秋

お遍路は一年中楽しむことができますが、特におすすめのシーズンは春と秋。なかでも、3〜5月、9〜11月の間は、四国の海、山、川などの豊かな自然をじかに感じられ、郷土の幸を味わうことができるまさにベストシーズンです!気候のよい時期を選ぶことで、遍路道や寺(札所)を彩る花や紅葉を楽しみながら無理なく歩くことができます

現代女子におすすめのゆるりんお遍路はいかが?より

まとめ

今回は8キロ×2回でチャレンジしましたが、やっぱり久しぶり歩くということでけっこう後半に疲れがきました。本番は2泊3日なのである程度歩く練習しておかないと、1日は気合いで乗り切れても次の日動けなくなることが見えています。

ちなみにこの日も帰って足を見ると血豆ができてました。

それでは!また練習します!

タイトルとURLをコピーしました