手島不動産の方針【未来の私と比較したい】

【仕事】

香春町で不動産業を営んでいる手島です。

令和元年6月11日に不動産屋をフリーランスで開業し(営業開始はまだ)、ドローン撮影、香春町移住コーディネーターと3本を事業の柱にしています。

さて、今回は核となる不動産業をどのような方針で進めていくかについてまとめます。

目次

今できる仕事×勉強=事業の形

不動産業の免許がおりたと言っても、ここから誰かが導いてくれるわけではありません。全て自分で考え決断していかないといけません。

不動産業界を調べても、売買、賃貸、仲介、再販、紹介、、、etc。などたくさんの方法があります。

私の場合、ここ香春町を中心としたエリアで勝負していきます。ここの「地域特性」でどんな不動産事業がいいのか、自分の特徴は何か、どう組み合わせるかは常に考えていかないといけません。

どこに力を入れるか?ここの見極めは残念ながらまだできてないです。

ただし、いくつかキーワードはあるのでまずはそこを起点に不動産業の力を入れるポイントを決めます。

「不動産業」・・・免許を持っているので仲介ができる

「空き家管理業」・・・3年前から実践

「空き家バンク経験」・・・3年間の空き家バンク経験のノウハウ

「空き家相談士」・・・資格取得

「香春町移住コーディネーター」・・・業務委託にて移住者の窓口

「ドローンパイロット」・・・Mavic 2 Enterprise Dualでの点検業務

「ブログ毎日更新220日以上」・・・情報発信

「光建設」・・・付き合いのある会社

「イベント企画」・・・宣伝効果の見込めるイベントを開催できる

「地域おこし協力隊」・・・隊員とのつながり

このあたりが出てきます。ということで、ここから逆算して方針を立てるならば、

「協力隊の連携やイベント企画で、空き家をメインで扱う不動産屋に集客し、物件情報やノウハウをドローンやブログを通じ発信すること」

これが経歴、できること、得意で好きなことを組み合わせた方針になります。

ここに欠けているのは2つの視点。

やったことがない事業は入ってない、それは地域特性が活かせる事業なのか?、という視点は欠けています。

ということで、上記の「協力隊との連携やイベント企画で、空き家をメインで扱う不動産屋に集客し、物件情報やノウハウをドローンやブログを通じ発信すること」を指針にして、目の前の不動産の仕事をこなしながら経験を積み、指針に組み込むか判断していくことかと。

結果、「今できる仕事×勉強=事業の形」を作っていく期間だということです。

可能性がある事業

「不動産業」、「ドローンパイロット 」、「移住コーディネーター」という3本でやらせてもらっていますが、これから自分と相性がいいのではないか?と思う項目もあげておきます。

「リノベーション事業」・・・光建設と組んで

「不動産投資」・・・将来的にはここにシフトしていく予定

「保険販売」・・・◯◯生命3年間の実務経験あり(資格持ってたけどきれた・・・)

「紹介業」・・・多方面の専門家につなげること※これは今すぐにでもできる

「物件×起業」・・・スキル×スキルを使ってのサポート

などがあります。もちろん、これを一人ではできないので、効果的なところに絞っていくか、株式会社化して事業部門を作っていくかになります。

後者はまだ現実味がないので、許容範囲を見極めつつやっていきます。

参考にするブログ

フリーランスで不動産業を営んでいるいちぼさん

まだ数記事しか読ませてもらってないですが、「不動産業」×「複業」×「得意なこと」を組み合わせているすごい人です。

記事熟読させてもらいます。ブログ☑︎

まとめ

今回は「手島不動産の方針【未来の私と比較したい】」の紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました