【書評】1m2からはじめる自然菜園【家庭菜園を始めて見る人に最適!!】

書評

2020年3月10日時点ではまだまだ春の訪れは先に思えます。

コロナショックも重なり、暖冬なのに冷たい不景気の様相を見せている日本経済。そんな時だからこそ自給力を高めて戦わなければなりません。

自分で野菜を作ることが自給力を上げる一歩目です。

1m2からはじめる自然菜園 草を活かして、無農薬で野菜がぐんぐん育つ! [ 竹内孝功 ]

価格:1,760円
(2020/3/10 09:38時点)
感想(2件)

田舎暮らしも4年目になり、今まで家庭菜園でぼちぼちやってきました。基本的にはほったらかしであまり考えずにやっていたんですが、今年は少し力を入れてやっていこうと思っています。その際に参考にするのがこちらの本。電子書籍版もあり、畑作業の最中にもスマホで確認できます。素晴らしい。

1m2からはじめる自然菜園【電子書籍】[ 竹内孝功 ]

価格:792円
(2020/3/10 09:36時点)

今回はこの「1m2からはじめる自然菜園」の書評になります。道具や肥料を極力使わないこの方法こそ、初心者に最適な家庭菜園の入門本だと思っています。

スポンサーリンク

草マルチのこと

草マルチって知っていますか?

まずマルチなんですが、その辺の畑でよく見る黒いビニールのシートです。このシートをかけることによって、雑草を抑えられたり、土の保湿効果が高まったり、温度調整ができます。もちろん、シートはホームセンターなどで買うんですが、このマルチを雑草でおぎなったものが草マルチと言います。

お金もかからなければ、その辺に生えている雑草の再活用にもつながり一石二鳥です。雑草の再利用は私にとっての長年のテーマであり、以前雑草から肥料を作ってみました。

参考:「家庭菜園用の雑草堆肥つくり【実験失敗】

家庭菜園ならばなるべくお金をかけたくないですよね。お金もかけずに、美味しい野菜ができ、連作障害などで悩まなくていいのは素晴らしいことです。逆に肥料を使う方法に慣れてしまうと草マルチのほうはやらなくなってしまいそうです。

こういう思いがずっとあったので、今までの家庭菜園は我流でやってました。夏野菜のトマトやナスやきゅうりはそこそこできてたんですが、連作障害にやられてしまったりで今回一新してこの本から学んでいきます。

草マルチとは、そんな草の根は抜かず、地上部を刈って野菜の周囲に敷くこと。草の勢いが抑えられて野菜が優勢になるだけではなく、保湿、保温、防暑の効果もあり、野菜の生長を助けます。また、草マルチの下は多くの微生物や虫たちの棲み家となり、それら生物たちの働きによって豊かな土が育まれます。

「1m2からはじめる自然菜園」より

自然菜園で必要な最小限の道具

道具があることでできる幅が広がります。鎌から草刈機へ、草刈機から移動式草刈機へ。作業をやっていくとどんどん道具が欲しくなります。ただしこれにも制限は必要で、どれだけの生産量を目指すのかでしっかり道具の範囲を考えておかないと無尽蔵に欲しい、欲しいになってしまいます。

参考「車好き、おもちゃ好き、農機具好き、ガジェット好き・・・男が機械を好きな理由を考察してみた

自然菜園で必要なのは、最小限の農具。農業機械やビニールマルチ等の資材も基本的には使わず、これらの道具さえあればすぐに始められます。

ハサミ、ノコギリガマ、移植ゴテ、ショベル、グローブ、ヒラグワ。

「1m2からはじめる自然菜園」より

1ヶ月に2〜3回のペースで通う15m2のプチ菜園

家庭菜園が遠すぎると行くのがおっくうになります。好きな野菜ばかり植えると家庭菜園計画が難しくなり、毎日通って世話をする羽目になります。

来年度は働き方が変わり、週の半分を福岡市で働くことになるので、なるべく手間はかけたくないのが本音。その分、この1ヶ月に2〜3回のペースで通うというのは疑いたくなるレベル。

手間がかからない野菜を育てるやり方なので、この方法にプラスして自分の好きな野菜を埋めていくのがいいかも。基本が決まっていると助かるな。

「忙しくて1ヶ月に2〜3回しか菜園にいけない」という人は、ポイントをしっかり押さえれば、ある程度放っておいても育つ野菜を選んでください。キュウリなど毎日収穫した方がよく育つ野菜、行けない時期に手がかかる作物は向きません。

じゃがいも、ねぎ、かぼちゃ、さつまいも、みにとまと、たまねぎ・・・

「1m2からはじめる自然菜園」より

手島家の家庭菜園計画

手島家ではこのようなフォーメーションで今年は回そうと思っています。これができればかなり自給力が上がるな。。。。しめしめ。春になればまたダンボールコンポストも活躍しそうなので、どんどん家庭ゴミから肥料を作って菜園にまいていきますわ!

まとめ

今回は「【書評】1m2からはじめる自然菜園【家庭菜園を始めて見る人に最適!!】」の紹介でした。

1m2からはじめる自然菜園 草を活かして、無農薬で野菜がぐんぐん育つ! [ 竹内孝功 ]

価格:1,760円
(2020/3/10 09:38時点)
感想(2件)

1m2からはじめる自然菜園【電子書籍】[ 竹内孝功 ]

価格:792円
(2020/3/10 09:36時点)

写真や図も多く読みやすいです!この令和サバイバル時代に一家に一冊あってもいい本になっています。また畑の経過報告させてもらいます!

それでは!

タイトルとURLをコピーしました