「燃えよ剣」を読んで。

スポンサーリンク
商品レビュー
スポンサーリンク

久しぶりに読書熱が上がっています。特に小説。ここ数年は小説が読めない時期が続いて、いわゆるハウツー本系しか買わなくなってました。

そこで買ったのが司馬遼太郎の「燃えよ剣」です。

新撰組の土方歳三が主人公の一代記です。特に新撰組を設計し作品のように作っていくところが心に残りました。官軍と戦って散る場面は真田幸村を彷彿とさせました。

土方歳三目線で今の生活や仕事を振り返ってみようと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

燃えよ剣(下巻)改版 (新潮文庫) [ 司馬遼太郎 ]
価格:869円(税込、送料無料) (2019/11/26時点)


タイトルとURLをコピーしました