ホームインスペクター(住宅診断士)を受験することに決めました!【試験対策】

【仕事】

こんにちは。手島順也です。

ドローンを飛ばす不動産屋、として福岡県香春町で不動産業を営んでいます。本業のかたわら、空撮、イベント企画、町から委託を受け「移住コーディネーター」として移住や空き家活用に取り組んでいます。

空き家相談士、宅地建物取引士、不動産キャリアパーソン、に続きJSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)の資格も取得することに決めました。

試験は2019年11月17日(日)です。

3ヶ月間しかありませんが、集中して資格取得に挑みたいと思います。

今回は、1回目ということで住宅診断士をなぜ受験しようかと思ったのかと、受験計画について立てます。

目次

ホームインスペクター(住宅診断士)とは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行なう専門業務を指します。

日本ホームインスペクター協会」より

この説明に補足するならば、

目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断

中古住宅を売買する前に、比較的短時間で、可能な範囲で行う「一次診断

・米国では取引全体の70〜90%の割合でホームインスペクションが行われている

などが挙げられます。

ホームインスペクターと手島不動産の相性がいい理由

次に掛け合わせれる効果です。ホームインスペクター単独よりも掛け合わせで力を発揮する資格かと。

・手島不動産 × 住宅診断士 = 宅建業者の差別化

・赤外線ドローン × 住宅診断士 = ドローンの不動産活用の先鞭

・空き家相談士 × 宅地建物取引士 × 住宅診断士 = 空き家取引の専門家

あたりでしょうか。特に黄色の線は将来の方向性と差別化、私しかできないがかけ合わさっているような気がします。とはいえ、資格だけとっても意味はないので、上記のことを意識しつつPRできたらなと。

手島
手島

まだ資格は持ってませんからね!まさに取らぬ狸の皮算用

ホームインスペクターの試験について

試験の難易度はわかりませんが、おそらく宅建資格よりは難しくないのかと。重複する範囲も多いです。※黄色は宅建試験と重複する範囲、赤は重複しない範囲(手島調べ)

・住宅に関わる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること
(建築基準法、建築士法、住宅の品質確保の促進等に関する法律、2018年4月1日現在で施行されている法令に準拠)

・ 木造住宅、マンションの主に構造に関すること

・住宅の給排水、衛生、空調、電気設備等の呼称や一般的な仕様に関すること

・木造住宅、マンションの施工に関すること

・木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること

・住宅の調査・診断方法に関すること

・報告書の作成に関すること

・一般的な住宅の売買・取引の形態や契約に関すること

・業務に関するコンプライアンス、モラル、マナーに関すること

手島
手島

いや、全然かぶってないやん。調子乗って書いてた・・・

まぁ、でもやるんです。空き家診断はしていたのでまったくの素人ではないかと。空き家相談士でもその類の勉強ありましたしね。親父建築士だしね。兄貴大工だしね。宮城さん、町谷さんと知り合いだしね・・・・・(鼓舞)

ちなみに試験のデータがこれです。

勉強方法【過去問5回やる】

本末転倒感はありますが、資格試験ということは合格を目指さないといけません。ホームインスペクター資格取得者に価値はあっても、「ホームインスペクター資格受験者」に価値はありません。

ここに価値があるならば、来年度に「東京大学」と「まさせっちゅーだいがく」を受けます。

宅建に2回落ちた身の上としては、最短距離で合格したいところです。ですので、教材は「過去問」、「教科書」に絞って勉強します。

過去問はアマゾンのみの販売。教科書は楽天で書いました。


過去問を5回やって、わからないところを教科書でつぶしていく方法をとります。

試験に合格してまた去年みたいにバズりたいところです。

まとめ

ということで、「ホームインスペクター(住宅診断士)を受験することに決めました!【試験対策】」の紹介でした。

記事を書いたらならさっと受験しないといけないですね。よし。ぽちろう。

ということで勉強するぞ!!

タイトルとURLをコピーしました