異名秘話ヒストリア〜知られざる濱田雄飛〜

地域おこし協力隊

 

 

 

移住のポイントは「人」。そんな格言が地方創生の現場において語られてます。

 

 

「人」に焦点を当てた時、後世に残しておきたい情報はたくさんあります。

 

 

・田舎の失われつつある風習
・伝統芸能
・職人さんの技法。。。。。。。

 

 

今回はそんな中でも、協力隊員「濱田雄飛」(ハマダヨシタカ)の「日本生まれのユダヤ系スコットランド人」という謎の異名について書き記しておこうと思います。

 

 

人に歴史あり!

 

異名秘話ヒストリア、始まり、始まり〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

濱田を三行で説明

 

 

ちょっとおさらいです。

 

・香春町地域おこし協力隊の「情報発信担当」
・アメリカ合衆国に10年の移住経験あり
・好きな女性のタイプは「きれい」系で、好きな球団は「広島カープ」

 

 

濱田はこんな男ですばい。

 

こんな彼なんですが、自分で付けた異名が冒頭の「日本生まれのユダヤ系スコットランド人」なんですよ。

 

意味わからんすぎてつっこんでいいのか悩むレベルです。

 

案の定、誰からもこの異名についてつっこまれたことがないそうです。

 

 

いみょう
【異名】
1.本当の名前以外の別名。
2.あだな。 「韋駄天(いだてん)の―をとる」

 

 

それはそれは、もったいない。

 

 

 

ということで、何故こんなあだ名になったのか解説してもらいます。

 

 

 

日本生まれのユダヤ系スコットランド人

 

まずは、「日本生まれ」の部分です。

 

まぁ、これは問題ないですね。日本人ですから彼は。

 

ここらへんは飛ばしますよ。ここからが長いので。とりあえず濱田が撮った写真でも見て気合い入れてください。

 

 

 

 

日本生まれのユダヤ系スコットランド人

 

お次は「ユダヤ系」の部分です。

 

いきなり話は江戸時代に飛びます。濱田の先祖、七五郎さん。江戸時代に尾道で両替商をやってました。

 

 

その七五郎さんから数えると、濱田(わけわからんくなるので「ハマタカ」で統一)は9代目か10代目になるそうです。

 

 

 

と、これは彼のバックグラウンドの話です。つまりは、昔自分の先祖に両替商がいたという話です。

 

 

そして、ハマタカは小さい頃に「外人」、「外人」といじられていたそうです。
理由は、「色が白い」、「目が茶色い」とかで幼少期のハマタカひどく傷ついたみたいです。

 

 

悔しいですね。彼の原動力はこの時の経験だそうです。

 

 

 

そんなハマタカは高校2年でアメリカに留学します。この時から合計10年にも及ぶアメリカ生活をスタートさせました。

 

順調にアメリカの大学に進み、ある時「人文学」の授業がありました。

 

その授業で自分のルーツを知りたくなり、たくさんの本を読んだみたいです。

 

「日ユ同祖論」とか「ユダヤ人が日本に来た説」などの本も読み漁りました。

※詳しくはググってくださいね。

 

 

その時ハマタカは閃きました!!

 

 

 

祖先は両替商・・・・・
小さい頃の、「白人」とかのいじり・・・・

ここがつながりました。

「俺は、失われたアイデンティティーを見つけてしまった」

 

「俺は、ユダヤ系の血を引いている・・・・・」

 

 

 

と。

 

※ユダヤ系の人は金融業を営んでいたということろからきてます。

 

 

 

 

自分のルーツを見つけてしまって呆然とするハマタカ。

 

 

ハマタカはここで自分に「ユダヤ系」という異名を付けました。

 

 

 

日本生まれのユダヤ系スコットランド人

 

  • 日本生まれの→クリア!
  • ユダヤ系→クリア!

 

 

なかなか読み応えあるでしょう。これハマタカ歴史の1ページですからね。

 

 

ユダヤの民から江戸時代尾道の祖先、そして現代まで連なる遥かな歴史の調べが聞こえてきます。

 

それでは、最後の「スコットランド人」を見てみましょう。

 

 

 

 

 

アメリカ時代にホストファミリーと大陸横断ロードトリップをしたハマタカ。

 

 

 

晩御飯を食べに泊まったレストランで偽名を考えようという遊びをしました。

※何かわからん遊びですが、まぁ流してください。

 

 

ファーストネームをアレックスと決めたハマタカ。
ラストネームが出ません。

 

 

散々悩んだ挙げ句、目に入った広告の中に「マックスウェルコーヒー」という文字がありました。

 

 

ハマタカは言いました。

「あぁ、これや、俺のファーストネームはマックウェルや!」

 

 

 

 

 

 

 

 

それから4年の歳月が流れます・・・・・・・・・・

 

スコットランドに旅行したハマタカ。

 

 

たまたま入ったネクタイ屋。そこはスカーフも売ってます。

 

そこで、スコットランド部族の家紋が載っているコーナーがあって
「マックスウェル」という部族を発見しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この偶然に似た必然。まさに運命の掲示。神のお告げ。

 

 

ハマタカは思いました。

 

 

 

「俺はスコットランド人の血も入ってるんだ」

 

 

と。

 

※ちなみにハマタカが仲良くしているホストファミリーはユダヤ系の血も入っているし、
スコットランド人の血も入っているのでそれも、ハマタカがスコットランド人だと思う理由でもあります。

 

 

そうして完成しました。ハマタカの異名が。

 

日本生まれのユダヤ系スコットランド人

 

 

 

ハマタカを呼んでみよう!

 

 

 

それでは最後にもう一度だけ大きな声で彼を読んであげましょう!

 

 

 

「日本生まれのユダヤ系スコットランド人濱田〜〜〜〜〜〜!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらり「Nice to meet you」

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一丁!「日本生まれのユダヤ系スコットランド人濱田〜〜〜〜〜〜!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらり「Nice to meet you」

 

 

 

 

 

いけいけ!「日本生まれのユダヤ系スコットランド人濱田〜〜〜〜〜〜!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらり「Nice to meet you」

 

 

 

 

 

最後に「日本生まれのユダヤ系スコットランド人濱田〜〜〜〜〜〜!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらり

 

 

 

「異名秘話ヒストリア、これにて終了!夜露死苦!」

 

 

 

 

 

撮影おつかれさまでした。