不動産屋の開業申請に手こずったが入会審査までこぎつけた話

不動産屋を開業するまで

福岡県は香春町で不動産業を営なもうとしている手島です。こんにちは。

宅建協会での入会審査会の様子。
いつもはガラガラの駐車場が満車だったためちょっと緊張したが、滞りなくすすんだ。
支部長がSNS見ててくれ、不動産×ドローンの話になったのは驚いた!

長い長い開業奮闘記もようやく申請ができて入会審査へと進んでいます。前回の記事投稿から1ヶ月弱。書類の不備やこれからの活動が審査基準にひっかかるかも?という規則の確認にてまどってしまいました。

開業申請から協会への入会審査会をまとめます。

戸籍謄本が届いたので駆け込んだが新たな問題が見つかる

田川県土整備事務所へgo!


奇跡的に戸籍謄本が今日届いた!
明日までに事業申請を出しておかないと旅行で1週間遅れてしまうのでここ2、3日は焦ってた!
印紙の関係で今日は無理だけど、一応チェックしてもらい訂正あれば今日直す。

協力隊卒業旅行の前までに申請しておきたい気持ちがあり、戸籍謄本が届くのを首を長くして待っていました。具体的には、1日5回ほどポストの見回りに行ったり、エンジン音が聞こえると郵便配達かな?と玄関まで確認しに行ってました。

それで届いたのが木曜日。木曜日にチェックをしてもらって、最悪そこで足りない書類があった場合は金曜日に揃えて提出できる。提出できれば、宅建協会加入の書類も提出できるのでなんとか金曜日までに終えて気持ちよく卒業旅行に向かえるという算段でした。

まぁ、そんなにうまくいくわけもなくあえなく撃沈しました。

撃沈の理由は専任の宅建取引士の項目

事業所には専任の宅建士を置かないといけない、というルール、規則があります。私の場合は代表兼専任の宅建士で申請するんですが、この「専任性」と「移住コーディネーター」が抵触するのではないか?という確認事項が出てきました。

【専任の宅地建物取引士】


不動産取引の際、重要事項の説明などは専任ではない一般の宅地建物取引士(宅建の試験に合格して、資格登録した人)でも行うことができますが、宅建業を営む上では、必ず専任の宅地建物取引士を指定して、各事務所に設置しなければなりません。

【専任の宅地建物取引士に求められる専任性】
一般的な宅地建物取引士と、専任として指定された専任の宅地建物取引士の違いは、その名称に現れる「専任」性です。

専任性は、常勤性と専従性という、2つの要件を満たさなければなりません。具体的には、次のような人は通常、常勤性や専従性が認められず、専任の宅地建物取引士に指定することはできません。

【常勤性や専従性が認められない場合】


他の法人の代表取締役や常勤役員
他の職業の会社員
公務員
営業時間中に常時勤務できない者
パートやアルバイト(勤務時間が限られる)
自宅が通勤に適さないような場所にある者
兼業業務に従事する者
複数の事務所を行き来し、両事務所で業務を行う者


また、宅建業免許を受ける(受けている)会社の監査役は、業務を行うのではなく、会社を監査する独立した存在ですから、専任の宅地建物取引士になることはできません。

「宅建秒免許サポート」より

私は3月に協力隊を卒業後、香春町と業務委託を結んで「移住コーディネーター」をやっています。この部分が該当しないか県の担当部署に確認していました。

契約書や電話で説明も行い、FAXを送り、待つこと1週間弱。ちょうど歩き遍路の十一番目の藤井寺でOKの電話があったので、お参り効果もあったんでしょう。そんなこんなでようやく懸念事項が解決しました。

申請担当者のみなさんお手数おかけしました!

不動産開業申請と宅建協会加入

宅地建物取引業免許申請が完了!

訂正を出された時は真っ暗になりましたが、、、

田川県土木整備事務所に4月15日をもって提出。

3月頭からこれだけ時間がかかった理由が、

・本籍地からの戸籍謄本
・3月〜4月の職員年度替わり
・固定電話加入
・専任宅建士に抵触事例
・卒業旅行

33,000円也。

宅建協会筑豊支部への入会手続き
FAX番号がIP電話ダメっぽい、、、
まぁ、何とかなるでしょ!
空き家売買もやりやすくなるなー。報酬額が変わったら。

でもってようやく加入できました!フロー図でいうところの一番上をクリアしたわけです。

提出して後日、協会入会手続きの支部での面接があったので行ってきました。

入会審査会でSNSやっててよかったと思えた

宅建協会筑豊支部事務所にて面接です。

宅建協会に加入するための入会審査会です。

スーツの指定はなかったんですが、フォーマルなオールスター白と無印白シャツできめてます。

寝癖がついてることに今気づきました。深く不覚。

もちろん、写真撮影なんぞいいですか?と聞けるわけないので思い出してCGにしてみました。

イメージなのでお間違えなく、協会の建物の会議室で普通のテーブル席です。決して、駐車場横でわいわいやっている感じではないので。

審査の中身は自己紹介や経歴の確認したりで不動産業の心得なども教えてもらいました。SNSで私のことを知っている方もいてドローンの話になったのは驚きました。建物の撮影などにやっぱりニーズがあるみたいですね。

あーSNSやってて良かった!

まとめ

この後に待っているのが「宅建協会への費用振込」です。まぁそれは当分先の話。コンプラにひっかからない範囲で書けたらいいなと思っています。

前にどこかの不動産業者さんが言ってたんですが、空き家問題には、今までとは違う別の不動産ニーズを発見できる人が入ってくれば解決策の一つになる、と言ってました。

地域おこし協力隊で空き家バンクを経験し不動産業を始める私もそんな「別のニーズを発見できる人」なのかもしれません。

※もっとも別のニーズ探しだけに注力せず、不動産業ルールは抑えておかないといけないのは言うまでもありません。

地域おこし協力隊が不動産業をはじめていくのもこれからもっと増えそうですし、協力隊卒業後の道の一つとして「地域の課題解決をして、稼げて、自分の望むライフスタイルを叶えている人」という事例になれるように精進していきたいと思います!

それでは!読んでいただいてありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました