2022年にチャレンジする資格試験【不動産コンサルティング・ファイナンシャルプランナー3級など】

【オピニオン】

こんにちは。11月に賃貸不動産経営管理士を受けましたが、早くも来年受ける資格の準備をしていこうと思っています。(早めに準備しておかないと熱冷めそうだから)

来年受ける予定の資格は、

・不動産コンサルティングマスター

・ファイナンシャルプランナー3級

・ホームインスペクター(仮)

・相続アドバイザー(仮)

の予定です。最初の2つはマストとしてインスペクターと相続の資格はまだ迷っている段階です。

基本的には不動産業との掛け合わせで役に立つ資格という捉え方ですが、ファイナンシャルプランナーは広く金融のこと全般勉強したくなったからです。2級もありますが、まずは3級をとろうと。

4つ受ける予定ですが、全ての時間を勉強に使うわけではなく隙間時間や早めの準備で4つ取る予定です。なので今回は、それぞれ4つの資格の概要と試験日や試験勉強時間についてまとめていきます。

スポンサーリンク

不動産コンサルティングマスター

正式名称は「公認 不動産コンサルティングマスター」で受験するためには「宅地建物取引士資格登録者、不動産鑑定士登録者、一級建築士登録者」になっていますので、受験ハードルは高めです。合格した後の登録に関しても実務経験5年以上というしばりがあります。ちなみに来年私が受かっても実務経験5年に満たないため、すぐに登録はできません。

来年の試験日はまだ出てませんが、おそらく11月の中旬くらいになりそうです。受験日は31,000円とちょいお高めです。

FP技能士3級

ライフプランニング、保険、金融資産、税金、不動産、相続・事業継承などファイナンス全般の基本知識を学べる資格です。不動産との関連もさることながら、自分や家族のライフプランを立てるのに役立つ実利的な資格です。毎年9月、1月、5月の3回行われていて、私は来年の5月下旬の試験を受けようと思っています。

学科、実技それぞれ3,000円の受験料がかかります。難易度はそれほど高くないので、テキスト1冊で十分とれそうです。

ホームインスペクター

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、不具合事象の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行なう専門業務を指します。

ホームインスペクター資格試験

相続アドバイザー

相続に関する相談業務にあたって必要とされる基礎知識・実務知識についての試験です。銀行の渉外、窓口担当を対象としているようです。年2回(10月・3月)に試験があり、毎回受験者は6,000人ほど受験する中規模の試験科目です。

このブログがまとまってました→「相続アドバイザー3級【2週間】合格攻略ポイントと解答速報【難易度,過去問,勉強法】」

2022年受験の流れ

受験月から逆算すると

3月:相続アドバイザー、ホームインスペクター

5月:ファイナンシャルプランナー3級

11月:不動産コンサルティングマスター

ですかね。ざっくり調べた感じだと、相続アドバイザーの試験内容ぞっとするほど知らん単語やった。受験料的には4,400円なのでテキスト含めてもコスパのいい試験かなと思います。

がんばるぞ!

タイトルとURLをコピーしました