酒の代替行為【脳内麻薬で幸福度アップ】

way of thinking

こんにちは。酒を週1にした手島です。

前回からの続きで、酒を飲む日を少なくする代わりの代替行為は何がいいか?を考察する回です。なるべくお金がかからず、場所的な制約が少なく、続けれるものがいいなと思っています。

そんな趣味は見つかるのか!?乞うご期待。

幸せホルモンのおさらい

はい。では幸せホルモンをおさらいしますね。

この記事に書いている通り幸せホルモンとは、

幸せホルモンとは、脳内ホルモンのことです。脳内物質の中には、人の感情や意欲に大きな影響を与える物質も存在します。喜び、楽しみ、やる気など。

これらの幸福感を与える物質が「幸せホルモン」と呼ばれるものです。「幸せホルモン」と呼ばれる代表的な物質は3種類。セロトニン、オキシトシン、ドーパミンがあります。

酒をやめる代わりに合法的な脳内麻薬で楽しもうというのが動機になります。

毎日幸せホルモンを出すのが目標

毎日飲んでいた酒をやめて週1にする。残りの6日を幸せホルモン行為(略して、シアホル)にすることで人生の幸福度は爆上がりするでしょう。シンプルに。人間が最も求めてやまない「幸福になる」ということは、突き詰めればシアホル(※注:幸せホルモン)さえやっていれば自ずと「幸福状態が多い」ということになります。これブッタとか世の賢人は言ってたのだろうか?私はこれを思いつたい時に賢人の仲間入りをしたような気がしました。

行為と習慣

幸せホルモンが出る行為から逆算して趣味を決めていくんですが、毎日できないor毎日できすぎる、ものがあることに気づきました。

それが次のツィートの習慣部分

例えば、腸内で作られるセロトニン。これは、火曜日だけ腸内でセロトニンを作る行為ができるわけではないですし、太陽の光を金曜日だけ浴びるなんてのも天気に左右されるし、なんだったら毎日浴びればいいじゃんって話になります。触れ合いなんかも、子供とできる限り触れ合うのが幸福度上がるのなら毎日やればいいよね、ってことになります。

そういった習慣を外して定期的にできる行為が上に書いた1週間の部分です。具体的には、酒、筋トレ、ジョギング、サウナ、掃除、ポッドキャスト、瞑想です。

これを自分のスケジュールにあてはめます。なるべくルーティンにした方が忘れないし長続きしますしね。

これが幸せホルモン習慣スケジュールだ!

月曜:ポッドキャスト

火曜:サウナ

水曜:掃除

木曜:瞑想

金曜:筋トレ

土曜:

日曜:ジョギング

比較的楽に決まったのが、酒とジョギングですね。酒は土曜がいいかな。ジョギングも時間が取れそうなのは日曜かなと。サウナもなるべく早い時間行きたいので火曜あたりか。

あくまで目標なので仕事などでふっとぶことが多そうです。だからこそ、習慣でできるものを継続してやるのが重要そうです。

まとめ:検証してみます

はい。ということでまとめです。以上のようなシアホル代替行為が決まったので検証していきます。

・スケジュールできそうか?

・シアホルでないのないか?

あたりかなと。ちなみにジョギングではドーパミンという脳内麻薬が出るそうですが1時間以上なんて報告もあるのでもしかしたら私の趣旨に合わないかもしれません。とはいえ、試してみます。

タイトルとURLをコピーしました