5号の「つながりタイ新聞」では海女さんにインタビュー決定!

こんにちは。手島順也です。

ドローンを飛ばす不動産屋、として福岡県香春町で不動産業を営んでいます。本業のかたわら、空撮、イベント企画、町から委託を受け「移住コーディネーター」として移住や空き家活用に取り組んでいます。

次回の協力隊新聞部「つながりタイ新聞」の発行スケジュールが決定しました!

10月半ばあたりに各自治体に到着する予定です!

先日も部員が福岡県の協力隊研修で「つながりタイ新聞」のPRをしてくれたそうです。ありがたや。ありがたや。

https://www.facebook.com/chiokonews/posts/694881331334152?xts[0]=68.ARD7TgThO7T15H8K2nD4U-1eIz1c27WR2l2boO6R3pe1zaEjrSoypHXNrrxFurPtexR9mTcZj5Vps2BEoqM-J0QmF9A4MDD-oFy6GkTxyQitQUItgT_n5Y8EdiImsdI_PNc3IjyuHPTpQzyk6-cU4muPjpmko1H4xO3YApYwuO6qx0EimoJFHGQrrTDOOYBj50_714zTNCTgxPN0mHRejKCKlY8dErz5XGI8BdI_7Mb8ZbAkS1QljFRmtedSjQE7M0GpfRoDergd292QTxuAgy7gl7NrbC965fpN7xIcZ4bRClK508Qdmz8TYhv_-ABUKyqBOcrc8ozxjf5AN42bTro&tn=-R

ということで今までの記事一覧です。

参考:「つながりタイ新聞」記事一覧

今回は私が担当しているコーナー「ひとつなぎの協力隊」の次回出演者の情報とどのような流れで記事ができているのかをまとめます。

目次

途中から読む

インタビューコーナー「ひとつなぎの協力隊」とは?

私が担当しているコーナーです。協力隊員は良い意味で「変わった経歴」や「変わった活動」をしている人が多いので、そういった人たちにスポットをあててインタビューしています。紙面の文字数は少ないので、リード文くらいの感覚で基本はブログでインタビュー全文を読んでもらう形をとっています。

過去の出演者一覧

矢野さん!
宮本さん!
山内さん!
宋さん!

本来ならば活動地域に行って、酒でも酌み交わして、その人の雰囲気や言いたいことをまとめる!のが理想なんですが、なにぶん有志のボランティア集団なのでなかなか予算的にも本業的にも難しいのが現実です。

ということで私は事前にアンケートをとってからの電話インタビューを敢行しています。

話す内容は事前アンケートをもとに聞いていくんですが、どちらというとあまり表に出ない情報とか自分のアンテナに引っかかる情報をまとめたいなと思っています。いかにモチベーションを保つかも重要なことなので、「私自身も楽しむ」をモットーに記事を書いています。

じゅずつなぎで協力隊から紹介してもらい次の人にバトンを渡すという方法をとっていたのですが、知り合いの範囲がかたまったりしていたので、途中からは私が選び色々な地域にばらけさす方法をとっています。

女性に偏りすぎている傾向がありますが・・・

記事作成の流れ

記事作成の流れはこうです。

まずは隊員の選定。その後つてをたどって連絡して協力隊新聞についての説明。インタビューを承諾してもらいます。60の県内自治体に届けられるのでインタビュー側としてもメリットかと。断られたことはないですね。ちなみに無償でお願いしています。

アンケートはあまり負担になりすぎても困るので項目はこれくらいです。

・協力隊業務の活動内容

・今までの経歴は?

・なぜ協力隊になろうと思ったのか?

・協力隊活動の楽しいところ

・協力隊活動の難しいところ

・?年目に何をしたいか

・卒業後何をしたいか

・発信しているSNSなどのURL(HP、ツイッター、YOUTUBEなど)

・協力隊の中でどんな人とつながりたいか?
どんな能力の人とつながりたいか?
つながる予定か?

このアンケートをもとにざくっと構成を考え、追加で聞きたいポイントや事前に調べておいた情報から細かい質問を考えます。

インタビューから記事化まではこんな工程をとります。

①事前にアンケート書いてもらう
②それを読ませてもらって質問内容考える
③テレビ電話にて取材 ※1時間くらい
④それを元にまとめる→確認してもらう
⑤新聞掲載時に同時にブログ記事公開
⑥シェアとかしてもらう

協力隊は自治体の職員的な立場もあるので、聞いたこと全てを記事にするわけではありません。私も元協力隊なのでそのあたりの配慮をしつつ、面白い記事になるようまとめていきます。

結局は多くの人に読んでもらえばインタビューした人のPRにつながるので、そこを一番意識しています。

5号は海女の林さんに取材します

https://www.facebook.com/iheartkawara/posts/1109694185883481?xts[0]=68.ARC4G861ZMlv2I5MdKtn022gl8tA7cOL31xdZ84PdQFBeRIvcHpM6O7SqJtcYoKbfye2zHtkw_20G-BWBN0yJizreQyH-8bVktiF4DraC-uPsYdj5HnQR00oTeOZ0MC37VQ33IVAzy6gx9AP5_MIP3MLWHxoDrrxFZuvlW7A7KBsTCGoKdOGkTeDqngaJ1jO-zlLFZkdyjazB4NjXP9n2JwSsYlLjrjmYrFlUlqqmaEP9204StWg0zrIPq4IRcnwlWEE3Jy_Uo6C2qJpmohhuVbiEZwkr0NLRVur3Y-_NWilNnzZx8211hb7Xlg9bx_XDT2_1nbEZ1IWJfqApelHi6Betw&tn=-R

実は彼女、一度採銅所駅舎を訪れてくれていたことがありました。私も偶然居合わせて話したんですが、まぁ面白いですよね。

海女という職業、岐阜からの引っ越し、海女の潜水テクニック・・・などなど興味を引く要素が多かった。海女さん卑怯だよ・・・

ということで、インタビュー前にネットで拾える林さん情報を集めていきます。ここからはスクラップブックですね。

まとめ

今回は「5号の「つながりタイ新聞」では海女ちゃんにインタビュー決定!」を紹介しました!どんな内容になるか楽しみにお待ちください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次