セミナーを受けて活かすこと

【特集・連載】

先日不動産セミナーに行ってきました。

不動産再生とまちの活性化を連動かせる、DIY、コミュニティ、マーケット 3デザイン同調手法

というセミナーに来ている。

町おこし界隈、協力隊であれば生唾もののセミナーだが、ほぼスーツ。

宅建協会からの案内なので、ほぼ不動産屋かな?

前を陣取る。

かなり1時間半の講演だったが、集中して聞けた。メモも取りすぎて頭痛い。

なんとなく満足感にひたっているのだけど、それだけではいけないと思うので「できそうな部分」をアウトプットします。

無駄な時間なんてありませんよ。休日だからって気を抜いているのは、大きな機会損失です。休みたい気持ちもわかりますが、それでは何者にもなれません。せめて読書やセミナー行ってアウトプットしてください。マジレスすると、これぐらいできずに人生変えたいなんて、ちゃんちゃらおかしいですねぇ。

目次

経験から手法が生まれる

独立して不動産屋になったことでどんなビジネスモデルがいいか模索する毎日。何十人や何十冊の本を読んで気づいたことが、成功者のモデルを転用できない、ということ。

経済規模、地域特性、スキル、時代など色々な要因で転用できないとなるが、一番はみんな経歴や経験に基づいて行動パターンを作りそれを成功させたということ。

今回の株式会社スペースRデザインの吉原さんの場合、それは40歳まで働いてた臨床研究の経験かなと。不動産を生き物と見立てデータを取ったり、再生させたり、その根本は本人も言っていたがこの臨床研究につながっていると。

不動産を再生する手法の仮説を立証したいとも言っていた。

ということで、これを自分に置き換えてみると、これからの未来の課題は今までの経験が解決のヒントになるということ。かなと。

これは手法もそうだが、大変になったときにこの方法は間違ってないと思いきれる「覚悟」にもつながっていくのだと感じた。

なので、もう一度自分の経験を振り返ってみろ!!と自分に言います。

古くなればなるほど賃料が上がる仕組み

商売やバズの基本は、常識からの逆打ちなのかなと。吉原さんの場合も、実家の賃貸マンションを受け継いで経営したものの、その物件は問題を抱えまくっていた・・・という。

・蛇頭の巣窟

・デリヘル

・未払い2,000万

・退去の嵐

など壮絶なマンションだったみたいですね。スラム化してたという日本ではあまり聞かない表現も。ここまで来たら選択肢としては、自己破産で建物を壊すとかになりそうだけど。

そこで吉原さんが考えたのが、「古くなればなるほど賃料が上がる仕組みにする」というテーマ。

このテーマを考えて手法を取り入れていった印象です。

基本方針は「退去した部屋をリノベで綺麗にしてそこに住んでもらう。空いている部屋をリノベしてマンション全体をリノベマンションにして価値をあげる」という方針です。築100年の賃貸マンションを目指すためにリノベーションミュージアムにする。

そのために価値を上げるポイントを作り自社でフローを完結させたそうです。ちょっとうろ覚えですがこんな項目だったような。そん中でも赤字が大事な部分かと。

①経営チェック(築100年マンション、リノベーションを受け入れられるか)

②物件チェック(耐震できるか)

③デザイン(斬新でインパクトを与えるためのデザイン)

④工事

⑤管理

⑥プロモ(デザインと連動)

⑦仲介

⑧文化作り(入居者と一緒にマンション全体の文化を作る)

文化作りがないと、一部屋ごとのリノベーション物件となってマンション全体の価値は上がりません。全体をフローをまとめてやらないと効果が薄くなるんだと感じました。

ということで、課題から逆のテーマをぶち上げ、それが成り立つ要因をフロー化するのは自分でも使えるなと。

DIYサポート

ちょっとここは足早に。

私自身あまりDIYできないし、なんて思っていてDIYサポートにおよびごしだったんですが、話を聞いていてできることがたくさんあることに気づきました。以下、私ができること。

・軽トラ貸し出し

・持っている工具の貸し出し

・漆喰ワークショップ

・イベント企画や広報

DIYの能力よりや道具よりも自分ができることが、この文章のように企画や広報かなと。他の人よりもできる自信があります。もちろん、広報力単体では弱いですが、イベント企画と連動させるという意味では強いかと。だてにイベントばっかりやってないですね。

特に集客や宣伝に苦労するのは今までの経験上見えていますので、ここのサポートができれば強いと思いました。

メモ用紙

自分だけが読めればいいのでこんなにふにゃふにゃの文字になります。

まとめ

今回は、セミナーからの学びをつらつらと書きました。聞いたことから自分でできることをまとめると、、、

①自分の過去を振り返れ

②課題からコンセプトとフローを作り出せ

③DIYサポートはすぐにはじめろ!

です。すいません、こんなまとめで。

タイトルとURLをコピーしました