漆喰の実験

【仕事】

6月30日 にイベント「楽漆喰(たのしっくい)」があります。

 

その一環として今日は漆喰に色を付け、パターンを決める練習を行いました。村上夕子さんと一緒に色々実験してみました。

色の調合

さてやるぞ!と漆喰50gと天然顔料1gを混ぜていきます。色の強さもあり、1gで合わない場合は増やしたり、減らしたり。上塗り用の漆喰との比較するために隣にも同じ色のスペースを作っておきます。

染色家の手により調合されていきます。

 

 

①てんちゃ(緑)

②べんがら(むらさき)

③てつしゅ(オレンジ)

④すおう(赤)

⑤あかね

・上塗り

漆喰を塗って乾ききったら上塗りしてみます。混ぜ込みか上塗りどちらがどのように色が出て、施工が楽かも考えていきます。

 

あとは完全に乾ききってしまって夕子さんに決めてもらいます。

パターン例

次は【パターン塗り】に何がふさわしいかを試していきます。当日はワークショップ形式でやるので、参加者のレベルにばらつきがあります。なので、ある程度汎用性があって、かつ道具も揃えやすいのがいいです。今回は、100均でパターン塗りに適してそうなものを集めてきました。さて、試してみましょう。

①ほうき

いい意味で無難なパターンです。汎用性、デザイン、レベルなども高得点。

②スポンジ

上に同じ。ほうきとの違いはどんなデザインかの好みの問題かと。

③手袋

DIYっぽさに溢れたパターン。失敗も少なそう。

④プチプチ

左官のプロが行っていたため導入してみる。私的には好きだが、蜂の巣っぽいとのことで周りには不評。

⑤キャットダメージ

猫が入ってくるのを防止するアレです。水玉模様になりました。

⑥すだれ

和っぽさを醸し出したいならおすすめ。実際、元町長である加持さんはこれがヒットしてました。

⑦ピコピコハンマー

絵的にも柄も美しいのではないかと思い導入した一品。結果は、ピコった後に、粘りひっついてしまうということが判明。あまり使えないかも。

ということで、色の調合やパターン例を試してみました。もう少し乾きを見て決めますが、

実際やってみることで発見もあり楽しい漆喰塗りになりました。あれ、これって楽漆喰(たのしっくい)なんじゃないかな。

 

第二待合室一周年記念イベント中は今回作った漆喰色見本、パターン例飾っておきます。漆喰に興味がある方は是非見に来られてください。

 

 

貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

タイトルとURLをコピーしました